独学での練習方法 PR

ピアノ楽譜ダウンロードサイト(無料・サブスク)おすすめ10選をヤマハ講師が解説

ピアノ楽譜ダウンロードサイト(無料・サブスク)おすすめ10選をヤマハ講師が解説
商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事内で紹介している商品を購入すると、売上の一部が当メディアに還元されます。
ピアノの先生
ピアノの先生
こんにちは。
私は、ヤマハ音楽教室でピアノ講師をしています。
ピアノ楽譜って、無料でダウンロードすることってできるの?
楽譜をダウンロードするなら、どこのサイトがおすすめ?

そんな疑問について、

  1. ピアノの楽譜は無料ダウンロードできるのか
  2. ピアノ楽譜ダウンロードサイトの選び方
  3. ピアノ楽譜ダウンロードサイトおすすめ10選

の順番で、お伝えします。

ピアノの楽譜は無料ダウンロードできるのか

ピアノの楽譜って、無料でダウンロードすることはできないのかな?

と疑問に思う方も多いですよね。

無料でダウンロードできるかは「著作権」によります。

著作権が切れていれば、無料でダウンロードが可能!

切れていなければ、無料でダウンロードすることはできません。

日本での著作権の保護期間は、著作者の死後70年。

そのため、ピアノ教室でもよく使われるようなクラシック曲は、著作権が切れていることも多いんです。

一方「J-POPポップ」など、流行りの曲の多くは著作権が切れていません。

つまり、

  • 著作権が切れている曲(主にクラシック)は無料ダウンロード可能
  • 著作権が切れていない曲(J-POPなど)は無料ダウンロードできない

ということになります。

著作権の切れた曲の楽譜を無料ダウンロードできるサイトって、あるの?
ピアノの先生
ピアノの先生
そういったサイトもいくつかあります。

しかし、無料ダウンロードできる楽譜の多くは「古いもの」や「個人が投稿したもの」です。

そのため、

  • アーティキュレーション(スラーなど)
  • 指番号

などが、書かれていなかったり、現在普及しているものと違ったりすることもあります。

ピアノの先生
ピアノの先生
個人で楽しむなら問題ないですが、ピアノ教室に通うなどの場合は、先生と相談の上、楽譜を選ぶようにしましょう。

のちほど「ピアノ楽譜ダウンロードサイトおすすめ10選」のパートで、楽譜を無料ダウンロードできるサイトをお伝えしています。

ピアノ楽譜ダウンロードサイトの選び方

ピアノ楽譜のダウンロードサイトは、たくさんあるため、

どのサイトが、自分に合っているかな?

と迷いますよね。

選び方のポイントは、次の5つ。

  1. 無料楽譜があるか
  2. 曲数
  3. サブスクを利用できるか
  4. アプリが使えるか
  5. コンビニ印刷できるか

1つずつ、見ていきましょう。

無料楽譜があるか

無料でダウンロードできる楽譜があると嬉しいですよね。

「全ての楽譜が無料」というサイトもありますが、そういったサイトの楽譜は「古い楽譜」「個人が作成したもの」がほとんど。

そのため、

アーティキュレーションや指番号が書かれていない…。
楽譜が読みにくい!

ということもあります。

そこでおすすめなのが、有料楽譜も販売しているサイト!

そういったサイトであれば、プロが校正した楽譜を無料で公開していることもあるんです。

ピアノの先生
ピアノの先生
のちほど、表にしているので参考にしてくださいね。

曲数

取り扱っている曲の数が多いほど、あなたの弾きたい曲を見つけられる可能性が高いですよね。

また、曲数が多いサイトであれば、

  • さまざまなレベルのアレンジがある
  • 「ソロ」「連弾」「弾き語り」「ドレミ音名つき」など種類が豊富

な為、あなたにピッタリな楽譜が見つけやすいですよ!

サブスクを利用できるか

  • たくさんの曲を弾きたい
  • いろいろな楽譜を見比べてから、選びたい

そんな方は、サブスク(定額制)のあるサイトを選びましょう。

1曲ずつ購入するのに比べると、とてもお得ですよ!

ピアノの先生
ピアノの先生
サブスクのあるサイトは、のちほど、表にしています。

アプリが使えるか

ダウンロードした楽譜をアプリで見ることができるサイトもあります。

それぞれのサイトによって、アプリの機能は違いますが

  • 自動スクロール(譜めくり不要)
  • 書き込み機能
  • 右手のみ(左手のみ)再生

など、電子楽譜ならではの便利な機能を使うことができますよ!

ピアノの先生
ピアノの先生
のちほど、「ピアノ楽譜ダウンロードサイトおすすめ10選」のパートでくわしくお伝えしています。

コンビニ印刷できるか

ダウンロードした楽譜は、

  • タブレットやスマホで見る
  • 印刷する

のどちらでも利用可能!

しかし、

家にプリンターがない!

という方もいらっしゃいますよね。

そんな時は「コンビニ印刷」が可能なサイトを選びましょう。

コンビニ印刷の方法は、サイトによって違います。

  • コンビニで「購入→印刷」をするサイト
  • あらかじめアプリのダウンロードが必要なサイト

があるので、事前に確認してくださいね。

ピアノ楽譜ダウンロードサイトおすすめ10選【比較表】

ピアノの楽譜をダウンロードできるおすすめのサイトは、次の10個。

  1. ぷりんと楽譜
  2. Tomplay(トムプレイ)
  3. flowkey(フローキー)
  4. Metronaut(ミュージックシート)
  5. アットエリーゼ
  6. 電子楽譜カノン
  7. mucome(ミューカム)
  8. kokomu(ココミュ)
  9. Piascore楽譜ストア
  10. IMSLP
ピアノの先生
ピアノの先生
Metronaut(ミュージックシート)は、アプリでのみ利用が可能です。

それぞれのサイトについて、

  1. 無料楽譜があるか
  2. ピアノ楽譜の曲数
  3. サブスクがあるか
  4. アプリが使えるか
  5. コンビニ印刷できるか

を比較しました。

※横スクロールできます

無料 曲数(ピアノ) サブスク アプリ コンビニ印刷
ぷりんと楽譜 あり 105,373〜
Tomplay あり 70,000〜 ×
flowkey あり 1,500〜 ×
Metronaut あり 7,000〜 ×
アットエリーゼ × 55,417〜 × ×
電子楽譜カノン あり 7,000〜
mucome × 28,229〜 × ×
kokomu △(閲覧のみ) 5,170〜 × ×
Piascore あり 51,633〜 ×
IMSLP 全て無料 200,000〜 × × ×

ピアノ楽譜ダウンロードサイトおすすめ10選

ピアノ楽譜ダウンロードサイトおすすめ10選について、一つずつくわしく見ていきましょう。

ぷりんと楽譜

ぷりんと楽譜は、27万点以上の楽譜を取り扱う、最大級の楽譜ダウンロードサイト!(ピアノ楽譜 → 10万点以上)

  • さまざまなジャンルの楽譜がある
  • 入門〜上級まで7つのレベルが選べる
  • 種類が豊富(ソロ、連弾、弾き語り、ドレミ音名つき)

なので、あなたにピッタリな楽譜がきっと見つかりますよ!

また、定額プラン「アプリで楽譜見放題」もあります。

プランは、次の2つ!

  1. ライトプラン(¥480/月)→5点まで楽譜が見放題
  2. スタンダードプラン(¥990/月)→無制限、365日いつでも楽譜が見放題

楽譜ダウンロードは1曲数百円なので、定額プランはとてもお得ですよね。

ただし、定額プランはアプリ上で楽譜を見るため、印刷はできません。

印刷したい場合は、ダウンロード購入する必要があるんですが、定額プラン利用の方は、半額になりますよ!

今なら定額プランが、1ヶ月間無料でお試し可能!

>>> ヤマハ「ぷりんと楽譜」をチェック

ぷりんと楽譜の無料楽譜

ぷりんと楽譜では、会員登録するだけで、

  • おすすめクラシック
  • 童謡3点(毎週更新)

の中から、好きな楽譜を週に1度、無料でダウンロードできますよ。

>>> ヤマハ「ぷりんと楽譜」で、今週の無料楽譜を見る

Tomplay(トムプレイ)

Tomplayは、

  • 楽譜の個別購入
  • サブスクで弾き放題

のどちらも可能な楽譜サイトです。

アプリでも利用可能!

Tomplayの特徴のひとつが、全ての楽譜において、プロの演奏が聴けること。

世界でもっとも長い歴史を持つクラシックレーベル「ドイツ・グラモフォン」とも提携していて、

  • マルタ・アルゲリッチ
  • ダニエル・バレンボイム
  • ホロヴィッツ

など、クラシック界を代表する音楽家の演奏を聴いたり、一緒に演奏したりもできますよ。

また、

  • ジブリ、ディズニー
  • アニメ曲

など、日本でよく知られている曲が豊富なのも嬉しい特徴!

さらに、アンサンブル譜もたくさんあります。

特定のパートをミュートして音源を流しながら演奏できるため、1人でもアンサンブルを楽しめますよ。

アーティスト本人の歌声が入った音源もあり、バンドメンバーになった気分で一緒に演奏することもできます。

Tomplayについて、くわしくはTomplay(トムプレイ)の評判 | ヤマハ講師が使った感想をレビューに書いています。

Tomplayの無料楽譜

Tomplayは、14日間無料でお試しができ、その間は、たくさんの楽譜が弾き放題!

>>> Tomplayのフリートライアルはこちら

flowkey(フローキー)

flowkeyの大きな特徴が、

  • J–POP
  • K–POP

が豊富なこと!

どんどん新作楽譜もアップされるため、流行の曲を弾きたい方にもおすすめです。

また、flowkeyは、全くピアノを弾いたことがない方にもおすすめ!

なぜなら、とてもわかりやすいピアノレッスンがあるから。

動画による解説と、演習により初心者の方も楽しくピアノを学べますよ!

flowkeyについて、くわしくはflowkey(フローキー)をヤマハ講師が実際に使った感想をレビューをどうぞ。

flowkeyの無料楽譜

flowkeyは、アカウント作成するだけで

  • 8つの楽譜
  • エクササイズ(ピアノレッスン)

を無料で利用することができますよ!

さらに、7日間の無料トライアルなら、全ての楽譜とレッスンにアクセス可能!

>>> flowkeyを無料で7日間試す

Metronaut(ミュージックシート)

Metronautは、楽譜が弾き放題のアプリです。

年額6,000円のため、ひと月あたり500円で、数千曲の楽譜が弾き放題!(月更新だと1,180円〜)

さらに、追加料金なしで楽譜の印刷もできるんです。

  • 自動スクロール(譜めくり不要)
  • テンポ変更
  • 伴奏機能(伴奏に合わせて練習できる)
  • 書き込み機能
  • 右手のみ、左手のみ再生
  • 同じ部分を繰り返すループ再生
  • メトロノーム
  • 移調機能
  • 録音

などなど、たくさんの便利な機能を使うことができるため、初心者の方にも嬉しいですよね。

また、ピアノの「演習モード」もあり、

  • コード
  • 指のトレーニング
  • クラシックの名曲

などを学んでいくこともできるので、独学にもピッタリ!

他の楽譜サイトに比べて、とてもお得なMetronautですが、デメリットが一つあります。

それは「J-POP」の楽譜がないこと。

Metronautは、フランスの企業が開発したアプリのため、クラシック海外の曲は豊富です。

しかし、今のところ「J−POP」は、1曲も見当たりませんでした。

クラシックを中心に弾きたい方には、とてもおすすめのアプリです。
(日本でもよく知られている「映画」「ゲーム」音楽の楽譜などはあります。)

Metronautについて、くわしくは、ミュージックシート(Metronaut)の評判 | ヤマハ講師が使った感想をレビューをどうぞ。

Metronautの無料楽譜

Metronautは、7日間無料でお試しができ、その間は、数千もの楽譜が弾き放題!

無料期間中に、楽譜を印刷することも可能ですよ!(印刷できる曲数には、制限があります。)

>>> Metronautを無料で試す

電子楽譜カノン

ピアノ楽譜数は、7,000点とあまり多くありませんが、

  • クラシック
  • J−POP、K−POP
  • 洋楽

など、ジャンルが豊富!

また、アプリがとても便利なのが特徴!

アプリ「カノン楽譜ビューア」の特徴
  • 自動スクロール(譜めくり不要)
  • 画面上で移調
  • 書き込み機能
  • メトロノーム
  • 右手のみ、左手のみ再生
  • テンポを変更
  • 表示サイズ、音符の間隔を変更
  • 「ドレミ音名」のオン・オフ
  • メロディパートの楽器変更(メロディ譜、弾き語り用の楽譜)
ピアノの先生
ピアノの先生
ピアノ初心者の方にも、嬉しい機能がたくさんですよね。

電子楽譜カノンの無料楽譜

「マイスコア」から、クラシック曲6点の無料楽譜をダウンロード可能!

  • パソコン→画面左側の「マイスコア」から
  • スマホ→左上の「≡」→「マイスコア」

>>> 電子楽譜カノンをチェック

@ELISE(アットエリーゼ)

実際に出版されている楽譜を1曲からダウンロード購入できるのが、アットエリーゼの嬉しい特徴!

出版社を絞って検索することもできるため、

楽譜店で見つけた曲集の中の1曲だけを購入したい!

という方にもおすすめ!

また、絶版となった楽譜もダウンロードできますよ。

楽譜数は、170,000点以上!(その内、ピアノ楽譜は40,000点以上。)

レベルは、超初級〜上級まで6段階に分かれているため、あなたのレベルに合った楽譜を探しやすいですよ。

ピアノの先生
ピアノの先生
アットエリーゼには、無料楽譜、サブスクはありません。

>>> アットエリーゼをチェック

mucome(ミューカム)

「mucome(ミューカム)」は、個人のクリエイターが作成した楽譜を購入できるサイトです。

3,000名以上のクリエイターが、曲をアレンジして楽譜を作成しているため、

  • 他サイトでは見つからない曲
  • 凝ったアレンジ

の楽譜が見つかることもありますよ。

ダウンロードなどがうまくいかない場合、「メール」「LINE」「電話」などでサポートしてくれるため、初めての方も安心!

ピアノの先生
ピアノの先生
ミューカムには、無料楽譜、サブスクはありません。

>>> ミューカムをチェック

kokomu(ココミュ)

「kokomu(ココミュ)」は、登録アーティストの方が作成した楽譜を販売しています。

角野隼人(かてぃん)さんなど、ピアニストがアレンジする楽譜が、魅力!

その他、YouTuberとして活躍する方のアレンジ楽譜など、他サイトにはない楽譜が見つかりますよ。

>>> ココミュをチェック

kokomuの無料楽譜

会員登録をすれば、無料で閲覧できる楽譜があります。(印刷やダウンロードはできません)

Piascore楽譜ストア

Piascore楽譜ストアでは、出版社のほか、個人の方が作成した楽譜も購入することが可能!

アプリ「Piascore(ピアスコア)」と連動しています。

アプリ「ピアスコア」は、世界で4,000,000人のミュージシャンが使う「電子楽譜ビューアー」です。

  • 自動スクロール(譜めくり不要)
  • 書き込み機能
  • メトロノーム
  • 紙の楽譜の取り込み

などが、できますよ!

>>> Piascore楽譜ストアをチェック

ピアスコアの無料楽譜

ピアスコアは、「IMSLP」と連携していて、7万点以上のクラシック楽譜を無料ダウンロードできます。

ピアノの先生
ピアノの先生
次のパートで、「IMSLP」について、くわしくお伝えしますね。

IMSLP

「IMSLP」は、著作権の切れた「クラシックの楽譜」を無料でダウンロードできるサイトです。

  • 曲数は、20万点以上!
  • 作曲家の自筆譜や、初版譜が確認できる

などのメリットがある一方、

古い楽譜がほとんどで、現在普及している楽譜とはアーティキュレーションなどが違うことがある

というデメリットもあります。

  • すでに楽譜を持っているが、他の版も参考にしたい
  • 弾きたい曲が、どんな感じの楽譜なのか確認してみたい

そういった場合に、「IMSLP」はおすすめですよ!

>>>「IMSLP」をチェック