独学での練習方法

楽譜が読めない!その原因と練習法をヤマハ講師が解説

楽譜が読めない方へ
ピアノの先生
ピアノの先生
こんにちは。
私はヤマハ音楽教室で講師をしています。
ピアノを始めてしばらく経つけど、楽譜が読めるようにならない…。

そんなお悩みをよく聞きます。

どうして、なかなか楽譜が読めるようにならないんだろう?

楽譜を読んで弾けないのには、原因があります。

そして、原因に合わせて練習をすれば、必ず楽譜が読めるようになりますよ!

それでは、

  1. 楽譜が読めない原因練習法
  2. 楽譜が読めるようになる!おすすめの教本

の順番で解説していきます。

楽譜が読めない原因

楽譜を読んで弾くことができない原因は次の5つ!

  1. 音符の「高さ」や「長さ」がすぐにわからない
  2. 鍵盤ではなく楽譜を見て弾くことができない
  3. 「ト音記号」と「ヘ音記号」を同時に読むことができない
  4. 楽譜の少し先を見て弾くことができない
  5. 調号が頭に入っていない

1つずつ、くわしく見ていきましょう。

音符の「高さ」や「長さ」がすぐにわからない

楽譜を読むためには

  • 音符の高さ(五線譜での位置)
  • 音符(休符)の長さ
  • 記号(拍子記号、反復記号etc.)

など「楽譜を読むためのきまり」を覚えなければいけませんよね。

でも、覚えたとしても…

ドから数えていけば読めるんだけど…。

という状態では、楽譜をスラスラ読むことはできません。

「あ・い・う・え・お」の文字を覚えただけでは、文章をスラスラ読むことはできないのと同じです。

それでは、音符をスラスラ読むための練習法を見ていきましょう。

音符をスラスラ読むための練習法

  • 音符の高さ
  • 音符の長さ

がすぐにわかるようになるために、効果的な練習法

楽譜を声に出して読む、歌う

です。

ピアノの先生
ピアノの先生
私も大人の生徒にやってもらいますが、とても効果があります!
どうして、声に出して読むことでスラスラ読めるようになっていくの?

それは、小学生のときにやった「音読」と同じ理由だと思います。

音読は、

  • 声に出すことで、「目」だけでなく「耳」からも情報が入るため、理解が深まる
  • 黙読より脳のたくさんの場所が働き、「前頭前野」も活性化されるため記憶力が高まる

という効果があるそうです。

声に出して楽譜を読む、歌う

その練習を続けることで、読むのがはやくなっていきますよ!

そして、続けるうちに声を出さなくても、頭の中で楽譜が読めるようになっていくんです。

ピアノの先生
ピアノの先生
声に出してゆっくりと本を読んでいた子供が、だんだん読むのがはやくなり、そのあと、声に出さなくても読めるようになると同じですね。

鍵盤ではなく楽譜を見て弾くことができない

楽譜が読めるようにならない!

という方を見ていると、

楽譜ではなく鍵盤を見ながら弾いている

ということが多いんです。

「弾き間違えないようにしよう!」と思うほど、鍵盤が気になって見てしまう気持ちはわかります。

でも、鍵盤ばかり見ていては、楽譜が読めるようにはなりません。

鍵盤を見ないで弾くための練習法

鍵盤を見ないで弾くために効果的な練習法は…

指のポジションを変えなくても弾ける曲を練習する

です。

指のポジションを変えなくても弾ける曲ってどういうこと?
ピアノの先生
ピアノの先生
ドレミファソなど、隣り合った鍵盤に、5本の指を置いたまま最後まで弾ける曲です。
楽譜

たとえば、チューリップの曲。

「ドレミ ドレミ ソミレドレミレ」は、ドレミファソに指を置いたまま弾けますよね。

ピアノの先生
ピアノの先生
指のポジションを変えずに弾ける曲なら、鍵盤を見なくても弾きやすいですよね。

慣れてきたら、少しずつ離れた鍵盤を弾けるようにしていきましょう。

のちほど、おすすめの教本を紹介しますね。

ト音記号とヘ音記号を同時に読むことができない

片手ずつなら楽譜を見ながら弾けるけど、両手にすると弾けない…。

という方は

  • ト音記号
  • ヘ音記号

を同時に読むことができていないかもしれません。

どちらか1段に集中してしまい、2段を同時に見ることができていないということはありませんか?

ト音記号とヘ音記号を同時に読むための練習法

  • ト音記号
  • ヘ音記号

を同時に読むために効果的な練習法は…

  1. 右手を歌いながら左手を弾く
  2. 右手を弾きながら、左手のリズムをたたく

です。

右手だけ弾いて、左手のパートは

  • 歌う(楽譜を声に出して読む)
  • リズム打ち

にすることで、2段の楽譜を同時に見ることに慣れていきましょう。

できるようになったら、手を替えて練習してください。

楽譜の少し先を見て弾くことができない

楽譜を読んでスラスラ弾くためには、

今、弾いているところ

ではなく、

楽譜の少し先

を見なければいけません。

ピアノの先生
ピアノの先生
弾いてから、次の音を確認していてはスラスラ弾くことはできませんよね。

楽譜の少し先を見て弾くためには、今までお伝えしてきた

  1. 音符の「高さ」や「長さ」がすぐにわかる
  2. 鍵盤ではなく楽譜を見ながら弾ける
  3. ト音記号とヘ音記号を同時に読むことができる

という力が必要です。

その上で、楽譜をスラスラ読むためのトレーニングとして

  • かんたんな楽譜をたくさん弾く
  • 和音に慣れる

という練習法が効果的です。

「かんたんな楽譜をたくさん弾く」の練習法

今、

  • 練習中の曲
  • レッスンで習っている曲

より、もっとかんたんな楽譜を用意しましょう。(おすすめの教本はのちほど紹介します。)

練習法ですが、曲を弾く前に

  • 拍子
  • 調号
  • 音部記号

を確認しましょう。

そして…

「同じリズムが続いているな。」
「1段目と3段目は似ているな。」
「ここに臨時記号があるから気をつけよう。」

など、楽譜全体をざっと見てみましょう。

それから、いきなり両手で弾いていきます。

ピアノの先生
ピアノの先生
なるべく音楽の流れを止めないように、先へ先へと進んでください。

何度か練習して、止まらずに弾けるようになったら、次の曲へ進み、たくさんの曲を弾いていきましょう。

和音に慣れる

上で「かんたんな楽譜をたくさん弾く」という練習法をお伝えしました。

この練習で、和音伴奏形で出てきたら、分散させずに同時に弾いて確認しましょう。

たとえば…

楽譜

上のような形で和音が出てきたら

楽譜

のように、同時に弾きます。

なぜ、このような練習をするかというと…

  • 和音を読むのが早くなる
  • 和音に合わせて指がパッと動くようになる

から。

ピアノの先生
ピアノの先生
楽譜の少し先を見るというのは、「まとまりで見れるようになる」ということです。

「お・に・ぎ・り」と一文字ずつ読んでいた子供が、「おにぎり」と単語で読めるようになり、慣れるにつれて「おにぎりを食べました。」とまとまった文で読めるようになるのと同じ。

かんたんな曲から、たくさん弾いて

  • メロディ
  • 和音

まとまりで読めるようにしていきましょう。

調号が頭に入っていない

楽譜は読めるようになってきたけど…

シャープやフラットが苦手…。
調号が多い曲は、間違えてばかり!

という方も多いと思います。

そんな方は、音階(スケール)をスラスラ弾けるように練習しましょう。

音階(スケール)をスラスラ弾けるようにする

調号の多い曲は苦手…。

という方が、スケールを練習した方がいい理由は…

「それぞれの調でどの音にシャープやフラットをつけるのか」を覚える(感覚として身につける)ことができるから。

たとえば、シャープが3個ついている曲を弾くとき、

シャープが3つもついている!やだなぁ…。

ではなく、

この曲は、イ長調だから、「ファ」「ド」「ソ」がシャープだな!

とわかって弾くと、シャープを落としにくくなります。

また、それが感覚として身に付いていれば、シャープを落として弾いてしまった時にも、

なんか変だわ…。

と、自分で間違いに気づきやすくなりますよ。

次のパートで、スケールの練習におすすめの教本をお伝えします。

楽譜が読めるようになる!おすすめの教本

楽譜が読めない原因は次の5つでした。

  1. 音符の「高さ」や「長さ」がすぐにわからない
  2. 鍵盤ではなく楽譜を見て弾くことができない
  3. ト音記号とヘ音記号を同時に読むことができない
  4. 楽譜の少し先を見て弾くことができない
  5. 調号が頭に入っていない

この原因に合わせて練習できる「おすすめの教本」は次の5冊!

  1. 大人のための独習バイエル
  2. こどもの初見奏
  3. ブラインドタッチで弾けるおとなのための楽しいピアノスタディ
  4. ハノンピアノ教本
  5. バーナムピアノテクニック 全調の練習

1つずつ、くわしく見ていきましょう。

大人のための独習バイエル

  • 音符の長さを覚える
  • 鍵盤ではなく楽譜を見ながら弾く

という練習におすすめなのが「大人のための独習バイエル」

「バイエル」は、ピアノ教室でもよく使われる初級のピアノ教本。

それを、独学でピアノを弾く大人のために編集したのが「大人のための独習バイエル」です。

「大人のための独習バイエル」は、

  • 上巻
  • 下巻

の2冊があります。

上巻の曲は、指のポジションを変えないで弾けるので

鍵盤ではなく楽譜を見ながら弾く

という練習ができますよ。

また、バイエルは、音符の長さをとても理解しやすい教本!

曲を進めていくと下の図のような「音符の長さのきまり」を無理なく覚えていくことができます。

楽譜

こどもの初見奏

かんたんな楽譜をたくさん弾く

という練習におすすめなのが、こどもの初見奏。

1巻〜3巻まであり、

  • 1〜2巻→バイエル併用
  • 3巻→ツェルニー併用

とレベル別にわかれています。

自分のレベルに合わせて選び、日々の練習に取り入れましょう。

ブラインドタッチで弾けるおとなのための楽しいピアノスタディ

鍵盤ではなく楽譜を見ながら弾く力をつける

そのために作られたのが「ブラインドタッチで弾けるおとなのための楽しいピアノスタディ」です。

3巻まであるんですが、1巻は全てが、指のポジションを変えずに弾ける曲!

2巻からは、少しずつ離れた鍵盤を弾いていきますが、無理なく進められるように、離れすぎない音で作られていますよ。

鍵盤を見なくても弾けるようになる

それを目的に作られた教本なので、

どうしても鍵盤を見てしまう。

という方におすすめです。

ハノンピアノ教本

ハノンは、

  • 鍵盤を見ないで弾く
  • 調号を頭に入れる

ために、おすすめの教本。

隣の鍵盤なら見ないで弾けるけど、3つ、4つと離れると鍵盤を確認してしまう…。

ということはありませんか?

鍵盤を見ないで弾くためには、

鍵盤と鍵盤の距離の感覚をつかむこと

が大事。

ハノンピアノ教本は、

  • 同じ音型が繰り返される
  • ほとんどの曲で右手と左手が同じ音(ユニゾン)

なので、譜読みはむずかしくありません。

だから楽譜を読む練習にはなりませんが、「鍵盤と鍵盤の距離の感覚をつかむ」ために、効果的です。

また、全調(24種)の

  • スケール
  • アルペジオ

もあるので、

シャープやフラットをすぐに落としてしまう…。

という方にもおすすめ。

ハノンのスケール、アルペジオは、異名同音の調が入っていないため、全24種です。
異名同音…ド♯とレ♭など、書き方は違うけど、鍵盤上では同じ音のこと。

クラシック曲には、スケールとアルペジオが、とてもたくさん出てきます。
ベートーヴェンとかモーツァルトなど古典派なら特に!

ピアノの先生
ピアノの先生
スケールとアルペジオは練習しておいて、損はないですよ!

バーナムピアノテクニック 全調の練習

「バーナムピアノテクニック 全調の練習」は、

シャープやフラットをすぐに落としてしまう…。

という方におすすめ。

全調(30調)の曲が入っていて、曲のはじめにそれぞれの調のスケールが載っています。

ハノンのスケールと違って、1つ1つが短い曲になっていて弾きやすいので、初級の方にもおすすめですよ!