電子ピアノの選び方(子供向け)

演奏力に差がつく!子供のための電子ピアノの選び方とおすすめ5選

演奏力が育つ電子ピアノ
ピアノの先生
ピアノの先生
こんにちは。
私はヤマハ音楽教室で講師をしています。

今とは違う電子ピアノで練習していたら、もっと演奏力がのびたはずなのに!

と思う生徒を何人も見てきました。

どんな電子ピアノで練習するかによって、子供の演奏力に大きな差が出ます。

とはいえ…

電子ピアノは種類がありすぎて、なにをポイントに選んだらいいのかわからない。

というママも多いですよね。

そこで、今回は

子供の演奏力をのばす

ことにポイントをしぼって電子ピアノの選び方をお伝えします。

これからお伝えする3つのポイントをチェックしてもらえたら、何年か経ってから後悔するということもなくなると思います。

子供の電子ピアノの選び方

子供の電子ピアノを選ぶときに一番大切なのは

グランドピアノとのギャップを小さくする

ということです。

なぜなら…

  • グランドピアノの鍵盤に比べてタッチが軽い → 指の力がつかない
  • タッチを変えても音色が変わらない → 演奏表現力が育たない

からです。

グランドピアノとのギャップがないかを見極めるためのポイントは次の3つ!

  1. 鍵盤タッチ
  2. 表現力
  3. 連打性

1つずつ、詳しく見ていきましょう。

鍵盤タッチ

1つ目は鍵盤タッチ(鍵盤の重さ)です。

ピアノ教室では、グランドピアノアップライトピアノなどアコースティックピアノを使うことがほとんどです。

私の生徒の中には

子供
子供
教室のピアノは弾きにくい!
家では弾けたのに教室では弾けない!

という生徒がいます。

理由は、家にある電子ピアノの鍵盤がグランドピアノに比べて軽いから。

ちゃんと練習しているのに、レッスンでうまく弾けないのはかわいそうですよね。

それに、家の電子ピアノの鍵盤が軽いと指の力がつきにくく、教室のグランドピアノで弾くときに手のフォームがくずれてしまうこともあります。

ピアノの先生
ピアノの先生
指がのびてしまったり、手をかたむけるようにして弾いてしまったりという子がいます。

表現力

2つ目は表現力!

グランドピアノはタッチによって無限に音色が変わります。

なぜなら、グランドピアノの内部には弦があり、鍵盤とつながったハンマーが弦を打つことで音が鳴っているからです。

一方、電子ピアノの音は、グランドピアノの音をサンプリング(録音)して作られています。

  • 強く弾いたとき
  • 弱く弾いたとき
  • 短く弾いたとき
  • 長く弾いたとき

など、タッチによって変わる音色を細かくサンプリングしている電子ピアノほど、たくさんの音色を出すことができます。

子供の演奏表現力は、変化するピアノの音色を弾きわけることで育ちます。

ピアノの先生
ピアノの先生
弾き方を変えても音色が変わらない電子ピアノでは、子供の演奏表現力は育たないんです。

グランドピアノの音を録音して作られた音源をサンプリング音源といいます。
のちほどお伝えしますが、音源にはモデリング音源というものもあります。

連打性

連打性ってなに?
ピアノの先生
ピアノの先生
連打性とは、トリルなどの細かい音符を弾いたり、同じ音を連続で速く弾くときに、どれだけ電子ピアノが反応できるかということです。

グランドピアノは、1秒間に何回、同じ音を続けて弾くことができると思いますか?

ピアノの先生
ピアノの先生
1秒間に約14回です。

電子ピアノはというと、モデルによって違うんです。

モデルによっては、指の速い動きに反応できずに音がポツポツと、とんでしまうものもあります。

指は動いているのに音が鳴らない…

そんな電子ピアノでは、演奏力は育ちませんよね。

どの価格帯の電子ピアノを選べばいいか

子供の電子ピアノを選ぶときにチェックしたいポイントは次の3つでした。

  1. 鍵盤タッチ
  2. 表現力
  3. 連打性

3つとも大事なのは

グランドピアノに近いか

です。

グランドピアノとギャップのある電子ピアノでは子供の演奏力は育ちません。

次の図のように価格帯が上がるほどグランドピアノとのギャップが小さくなります。

グランドピアノとのギャップ
どれくらいの価格帯の電子ピアノを選べばいいの?

グランドピアノに

  • 鍵盤タッチ
  • 音色

が近づいてくるのは10万円〜です。

ただ、10万円〜20万円未満の電子ピアノは、グランドピアノとのギャップがないわけではありません。

ピアノが上達すれば、いずれ物足りなくなる日がくるはずです。

そのため、上達したら

  • アコースティックピアノ
  • 上位機種の電子ピアノ

に買い替えてもいい方であれば、10万円〜の電子ピアノがおすすめです。

一台の電子ピアノを長く使いたい方には20万円〜の電子ピアノがおすすめですよ。

価格帯による性能の違い

電子ピアノは価格に大きく差があるけど、なにが違うの?

子供の演奏力に関係がある違いは、次の3つです。

  1. 鍵盤
  2. 音源
  3. スピーカーの数

1つずつ、見ていきましょう。

鍵盤

電子ピアノの鍵盤には次の3種類があります。

  1. 樹脂鍵盤
  2. 木製鍵盤
  3. アコースティックピアノと同様のアクション機構を搭載した鍵盤

価格帯の目安としては…

  1. 樹脂鍵盤…〜10万円台
  2. 木製鍵盤…20万円〜
  3. アコースティックピアノと同様のアクション機構をとり入れた鍵盤…30万円〜

樹脂鍵盤より木製鍵盤の方がグランドピアノの鍵盤タッチに近くなります。

なぜなら木製鍵盤は、

  1. 樹脂鍵盤に比べて長さがあるため鍵盤の奥の方でも弾きやすい
  2. ブレが少なく連打性にすぐれている

からです。

樹脂鍵盤は、木製鍵盤に比べると鍵盤が短いんです。

そのため、鍵盤の奥の方を弾いたとき、沈みが浅くなり、グランドピアノの鍵盤とギャップを感じやすくなります。

また、樹脂鍵盤は中身が空洞です。

中身のつまった木製鍵盤の方が安定していて元の位置に戻るのも速く、連打性にすぐれています。

音源

電子ピアノの音は、グランドピアノの音をサンプリング(録音)して作られています。

グランドピアノの音をサンプリングして作られた音源をサンプリング音源といいます。

サンプリング音源は、メーカーごとにレベルがあります。

タッチによって変わるグランドピアノの音色を細かくサンプリングしている音源ほど表現力が豊かになります。

音源にはモデリング音源というものもあります。

モデリング音源とは

弾いた瞬間に「このタッチならどんな音色が出るか」ということを電子ピアノ内部でシュミレーションして音色を作り出す音源。

モデリング音源は、ローランドの電子ピアノで使われています。

スピーカーの数

グランドピアノは楽器全体から音が鳴りますが、電子ピアノはスピーカーのある場所からしか音が鳴りません。

スピーカーの数が多い電子ピアノほど音が立体的に聴こえ、グランドピアノの聴こえ方に近くなります。

また、スピーカーの数が少ないと、音量を小さくしたときに、強弱がつきにくいというデメリットがあります。

子供におすすめの電子ピアノ5選

では、子供の演奏力をのばすことができる電子ピアノをチェックしていきましょう。

  • 10万円クラスの電子ピアノ
  • 20万円以上の電子ピアノ

にわけて紹介していきます。

ピアノの先生
ピアノの先生
10万円クラスの電子ピアノを選ぶ場合は、お子さまのピアノが上達してきたら買い替えも検討してみてくださいね。

10万円クラスで子供におすすめの電子ピアノ

カワイ CN29

10万円クラスの電子ピアノの鍵盤は、どのメーカーも樹脂鍵盤です。

樹脂鍵盤は、木製鍵盤に比べるとタッチが軽め。

でも、カワイのCN29は、ほかのメーカーの樹脂鍵盤の電子ピアノに比べると、しっかりとした重みのあるタッチになっています。

理由は、カワイ独自の鍵盤ウェイトにあります。

鍵盤ウェイトとは…鍵盤内部のおもり

白鍵、黒鍵の内部におもりを入れることで、木製鍵盤に近い重みがあるだけでなく、コントロールもしやすくなっています。

ピアノの先生
ピアノの先生
私が息子のために購入した電子ピアノはカワイCN29の1つ前のモデル「CN27」です。
重みのある鍵盤タッチが決め手になりました!

CN29の詳しいレビューはカワイCN29のヤマハ講師によるレビュー【CN27との違いや価格の差とは】で書いています。

ヤマハ YDP-164


ヤマハ YAMAHA YDP-164B 電子ピアノ ARIUS ブラックウッド調仕上げ [88鍵盤]

10万円クラスでもう1つ、おすすめのモデルがヤマハのYDP-164です。

ヤマハの20万円クラスの電子ピアノと同じ音源を搭載しているため、音がよく表現力も豊か

またYDP-164の鍵盤は連打性にすぐれています。

理由は、ヤマハ独自のダンパーセンサーによって速い指の動きを正確にキャッチできるから。

YDP-164の詳しいレビューは【YDP-164】ヤマハ講師が弾いた感想を口コミ!音がいい理由とはで書いています。

20万円以上の子供におすすめの電子ピアノ

20万円以上の電子ピアノになれば、

  • 鍵盤タッチ
  • 表現力

が、グランドピアノにぐっと近づきます。

なぜなら20万円以上の電子ピアノは

  • 木製鍵盤
  • 表現力が豊かな音源
  • スピーカー数が多い

からです。

子供の演奏力をのばすことができ、1台を長く使い続けることができますよ。

それでは、子供におすすめの電子ピアノを見ていきましょう。

カワイ CA59


【2020年8月20日発売】KAWAI / CA59R[プレミアムローズウッド調][カワイ][電子ピアノ]ヘッドホンをさらに1個プレゼント♪

カワイは鍵盤にこだわって電子ピアノを製造しているメーカーです。

ヤマハの木製鍵盤は白鍵のみ木製ですが、カワイは白鍵黒鍵も木製

また、グランドピアノと同じシーソー式の構造を取り入れた鍵盤なので、グランドピアノにとても近いタッチになっています。

音はというと、世界でも評価の高い音響機器メーカー「オンキヨー」とのコラボによって開発した再生システムを搭載していて、とても自然でクリアな響きです。

  • アコースティックピアノメーカー「カワイ」の技術を生かした鍵盤と音源
  • 音響機器メーカー「オンキヨー」の技術を生かした再生システム
ピアノの先生
ピアノの先生
最強コラボですね。

ヤマハ CLP745

グランドピアノの鍵盤は

  • 優しく弾いたとき → 軽い
  • 強く弾いたときは → しっかりとした手応えを感じる

というようにタッチによって指先に伝わる手応えが変わるんです。

そういったタッチ感の変化まで再現されているがCLP745に搭載されているグランドタッチ-エス鍵盤。

そして注目したいのが、グランド・エクスプレッション・モデリング。

これは、無限に変化するグランドピアノの音色を再現する技術です。

  • 淡い音色
  • くっきりとした音色
  • あまい音色

など思ったとおりの音色表現が可能!

CLP745は、2020年8月31日から順次発売予定です。

カシオ GP-310

GP-310の魅力は、なんといっても鍵盤!

GP-310には、グランドピアノのアクション機構がそのまま搭載されているんです。

アクションとは

鍵盤を押すとハンマーが弦をたたくというアコースティックピアノの仕組みのこと。

かんたんに言うと、GP-310には、グランドピアノの鍵盤からハンマーまでの部分が入っています。

電子ピアノなので弦はありませんが、鍵盤とハンマーの動きがグランドピアノと力学的に同様なので、タッチ感はグランドピアノそのもの!

GP-310であれば、

子供
子供
家では弾けるのに教室のピアノでは弾けない!

なんてことは、なくなると思います。

まとめ

どんな電子ピアノで練習しているかによって、子供の演奏力に大きな差が出ます。

子供の電子ピアノを選ぶときに大切なポイントは3つ!

  1. 鍵盤タッチ
  2. 表現力
  3. 連打性

この3つが、グランドピアノに近い電子ピアノであれば、子供の演奏力をのばすことができ、長く使うことができます。

ここで紹介した電子ピアノより、さらにグランドピアノに近いモデルを見てみたい方はグランドピアノに近い電子ピアノ【上級者も満足できるメーカーとは】もチェックしてください。