独学での練習方法

片手ずつなら弾けるのに両手にすると弾けないときの4つの練習法

片手ずつなら弾けるのに両手にすると弾けないときの4つの練習法
ピアノの先生
ピアノの先生
こんにちは。
私はヤマハ音楽教室でピアノ講師をしています。
片手ずつは弾けるのに両手にすると弾けなくなる…。
どんな練習をすれば、両手でスラスラ弾けるようになるのかな?

とお悩みの方も多いですよね。

実は…

左右の手が違う動きをする

というのは、人間の脳にとってむずかしいことなんです。

脳の仕組み「どちらかの手に、もう片方の手がつられやすい」ようになっているので、両手がむずかしいのは、当たり前のこと。

でも、練習を続けていれば、

右手に左手がつられてしまう…。

ということは、ほとんどなくなっていきます!

今回は「片手ずつなら弾けるけど、両手にすると弾けない」ときの練習法を解説していきます。

片手ずつなら弾けるのに両手にすると弾けないときの4つの練習法

「片手ずつなら弾けるけど、両手にすると弾けない」ときの練習法は、次の4つ!

  1. 右手を歌いながら、左手を弾く
  2. 右手を弾きながら、左手のリズムをたたく
  3. 同じタイミングで弾く音符同士を線でつなぐ
  4. 音符を置き換えて練習する

1つずつ、くわしく見ていきましょう。

右手を歌いながら左手を弾く

両手で合わせると弾けなくなるという方を見ていると、右手に左手がつられてしまっている方が多いんです。

左手は動かさなくていいのに、右手を動かすタイミングで、左手も動いてしまう

という場面をよく見かけます。

そんなときに、おすすめの練習法が

右手を歌いながら左手を弾く

です。

ピアノの先生
ピアノの先生
左手がメロディの曲の場合は、左手を歌いながら右手を弾いてください。

この練習をすると、

  • 右手
  • 左手

それぞれのリズムを頭の中で、整理できるので、両手が弾きやすくなりますよ。

スムーズにできるようになるまで、繰り返し練習してください。

右手を弾きながら、左手のリズムをたたく

上のパートで、「右手を歌いながら左手を弾く」という練習法をお伝えしました。

その練習法と似ていますが、

右手を弾きながら、左手のリズムをたたく

という練習も効果的!

右手を弾きながら、ひざの上などで左手のリズムをたたきます。

まずは、ゆっくりから

右手を弾きながら、左手のリズムをたたく

という練習をしてみてください。

これが、つられずにできるようになると、両手も弾きやすくなりますよ。

同じタイミングで弾く音符同士を線でつなぐ

3つ目の練習法が、

同じタイミングで弾く音符同士を線でつなぐ

これをすると、「右手と左手のリズムの違い」目で確認することができるので、より理解しやすくなります。

また、同じタイミング以外でも

右手のこの音符とこの音符の間に、左手のこの音符が入る

などがわかれば、弾きやすくなるので、自分でわかりやすいように楽譜に書き込んでみましょう。

音符を置き換えて練習する

4つ目の練習法は、

音符を置き換えて練習する

です。

音符を置き換えて練習するってどういうこと?

たとえば、

音符置き換え1

というリズムは、

音符置き換え2

という音符で置き換えて書くことができます。

タイをなくすと、

音符置き換え3

というリズムになりますよね。

練習方法は…

  1. 楽譜③で弾く
  2. 頭の中で、楽譜③のリズムを歌いながら楽譜②を見て弾く
  3. ②番ができたら、もう両手で弾けているので、楽譜①を見ながらでも弾けるはずです。

このように、リズムを置き換えてみると、理解しやすくなることもあります。

まとめ

「片手ずつなら弾けるけど、両手にすると弾けない」ときの練習法を4つ紹介しました。

  1. 右手を歌いながら、左手を弾く
  2. 右手を弾きながら、左手のリズムをたたく
  3. 同じタイミングで弾く音符同士を線でつなぐ
  4. 音符を置き換えて練習する

あなたに合う方法で、練習をしてみてください。

両手がむずかしいと感じるのは当たり前のことです。

なぜなら、人間の脳の仕組みが「どちらかの手に、もう片方の手がつられやすい」ようになっているから。

でも、たくさん両手の曲を練習していくことで、つられなくなっていきますよ。

よかったら、ここでお伝えした練習法を試してみてくださいね!