電子ピアノの選び方

おすすめのポータブルタイプの電子ピアノと選ぶときの注意点

ポータブルタイプの電子ピアノ
ピアノの先生
ピアノの先生
はじめまして。
私はヤマハ音楽教室で講師をしています。
  • 電子ピアノがほしいけど、置くスペースがない…
  • 電子ピアノを自宅以外で、持ち運んで使いたい!

という方には、

ポータブルタイプの電子ピアノがおすすめです。

ポータブルタイプの電子ピアノ

とはいえ、ポータブルタイプの電子ピアノは、たくさんあって

初心者
初心者
どれがいいの!?
初心者
初心者
何に気をつけて選べばいいの?

と、わからないことも多いですよね。

そこで今回は、現役ヤマハ講師が

  • ポータブルタイプの電子ピアノを購入するときの注意点
  • おすすめのポータブルタイプの電子ピアノ

をお伝えします♪

ポータブルタイプの電子ピアノを購入するときの注意点

ポータブルタイプの電子ピアノを購入するときの注意点

スピーカーの位置に注意!

ポータブルタイプの電子ピアノには、本体の下にスピーカーがある機種もあります。

本体の下にスピーカーがある機種は、テーブルなどに置くと、スピーカーがふさがれてしまって、音がこもって聴こえてしまうことがあります。

スピーカーが本体の下にある電子ピアノは、専用スタンドを購入すれば、音がこもる心配はありません。

専用スタンドであれば、スピーカーの位置をふさがない形になっています。

とはいえ…

「専用スタンドを置くスペースがない!」という方もいますよね。

そんな方に、おすすめのポータブルタイプの電子ピアノは、次のパートでご紹介しています。

>>すぐに見たい方はこちらへ

初心者
初心者
夜間しか練習できないし、ヘッドフォンを使って練習することがメインになるんだけど…
ピアノの先生
ピアノの先生
ヘッドフォンを使って練習する場合は、音はスピーカーからではなく、ヘッドフォンから鳴るので、スピーカーがふさがれていても、問題ありませんよ♪

付属のペダルに注意!

ピアノの先生
ピアノの先生
電子ピアノのペダルの機能で「ハーフペダル機能」というものがあります
初心者
初心者
ハーフペダル機能ってなんですか?
ピアノの先生
ピアノの先生
ペダルの踏み加減で、音の伸び具合を調節できる機能のことです

ペダルを踏むと音が伸びるので、音が混ざって、響きが濁りやすくなるんです。

きれいな響きを保つためには、ハーフペダルで音の伸び具合を調節することが大事なんです。

ハーフペダル機能がないペダルは、「オン」か「オフ」の2通りの状態にしかできないので、音が濁りやすくなってしまいます。

ポータブルタイプの電子ピアノに、付属しているペダルには、ハーフペダル機能がついていないものもあります。

別売りのハーフペダル機能つきのペダルを接続すると、音の伸び具合を調節できるようになる機種もありますよ。(電子ピアノ本体がハーフペダルに対応している機種のみ)

「はじめからハーフペダル機能つきのペダルが付属している機種がいい!」という方におすすめの機種は、次のパートでご紹介しています。>>すぐに見たい方はこちら

置く場所に注意!

「置く場所」は、ピアノを弾くときの基本、弾く姿勢に関係があります。

ポータブルタイプの電子ピアノは、テーブルなどに置いて練習することもできるのが魅力なんですが…

高さが合っていないと、弾きにくくて、疲れてしまうことも…(*_*)

鍵盤に手を置いたときに、ひじの高さが鍵盤とほぼ同じになるくらいに、調整するといいですよ。

ピアノは、上達のためにも、弾く姿勢はとても大切ですよ(^^)

「ちょうどいい高さの台がない!」という方は、専用スタンドを購入することをおすすめします。

ホコリに注意!

ポータブルタイプの電子ピアノには、基本的に蓋がついていません。

そのため、鍵盤と鍵盤の間に、ホコリが入りやすくなります。

ホコリが入ったからといって、すぐに故障するということはありませんが、長く、その状態を続けると、故障の原因になることもあります。

電子ピアノを使わないときは、カバーをかけておくことをおすすめします。

我が家に電子キーボードがあったときには、大きめのフェイスタオルをかけていましたが、よく下に落ちていました(^^;

下のような、すっぽり鍵盤をつつめるカバーもおすすめですよ。

おすすめのポータブルタイプの電子ピアノ

おすすめのポータブルタイプの電子ピアノ

「鍵盤」「音」にこだわる方におすすめ♪

ローランド 「FP-10」

市場価格 60.480円ながら、「鍵盤」「音」の質の良さが魅力。

ローランドの10万円台の電子ピアノと、

  • 同じ鍵盤
  • 同じ音源

を採用してます。

鍵盤は、センサーの精度が高く、微妙なタッチの違いにも反応してくれます。

この価格でエスケープメントもついています。

スピーカーは、本体の下にあるので、専用スタンドを購入するか、ヘッドフォンでの練習が多い方におすすめです。

「エスケープメント」とは?

グランドピアノの鍵盤は、ゆっくり押すと、鍵盤の途中で、カクッとしたわずかなひっかかりがあります。
それを電子ピアノの鍵盤で再現したものが「エスケープメント」です。

他メーカーでは、だいたい10万円以上の電子ピアノからついているエスケープメントが、市場価格6万円の「FP-10」の鍵盤には、ついてます♪

電子ピアノをテーブルに置いて使いたい方におすすめ 2選

①ヤマハ 「P-125」

スピーカーは、本体上面にあるので、テーブルに置いても問題なし♪

それだけでなく、テーブルに置いた場合に、最適なサウンドになる「テーブルEQ」という機能があるんです。

②カシオ 「PX-S1000」

カシオ 「PX-S1000」のスピーカーは側面についているのでテーブルに置いても問題ありません。

カシオ 「PX-S1000」のおすすめポイントは、超スリムなところ!

奥行きは、業界最小クラス!

  • 「音」がリアル(カシオの10万円台の機種と同じ音源を採用)
  • 市場価格 56.259円と高コスパ

なところも、おすすめです♪

「おしゃれ」&「低価格」が魅力

コルグ「B2」

「おしゃれ」で「低価格」が魅力のコルグ「B2」。

「B2」を購入すると、オンラインピアノレッスン「Skooveプレミアム」の3ヶ月トライアルが、無料でついてきます。

初級、中級、上級など、レベルに合わせたレッスンを受けられます!

とてもわかりやすいレッスンなので、ピアノ初心者の方にもおすすめですよ♪

ハーフペダル付きのペダルが付属しているポータブルタイプの電子ピアノ 4選

ハーフペダル付きのペダルが付属している機種がいい方は、下の4機種をチェックしてみてください。

市場価格が安い順に並べてみました!

  • カワイ「ES110」
  • ローランド 「FP-60」
  • カワイ「ES8」
  • ローランド 「FP-90」

まとめ

ポータブルタイプの電子ピアノは、

  • コンパクト
  • 持ち運び可能
  • スタイリッシュでインテリアに馴染む

のが魅力です。

スタンドを購入しなくても、テーブルなどに置いて練習できますが、「スピーカー位置」や、「弾く姿勢」に注意して、置く場所を決めてくださいね。

「ペダル」は、ハーフペダル機能つきのペダルがおすすめですが、ピアノが上達してから、ハーフペダル機能つきのペダルに買い替えても問題ないですよ。

その場合は、本体がハーフペダルに対応している必要があるので、チェックしてくださいね。

鍵盤と鍵盤の間にホコリが入るのを防ぐためにも、鍵盤カバーをかけるのがおすすめです。

 人気記事    【大人のピアノ教室の選び方】ピアノ講師が教える7つのチェックポイント