電子ピアノの選び方(大人向け)

5〜7万円台の電子ピアノ | 高コスパモデル4選をヤマハ講師が解説

5〜6万円台の電子ピアノ | 高コスパモデル5選をヤマハ講師が解説
ピアノの先生
ピアノの先生
はじめまして。
私はヤマハ音楽教室でピアノ講師をしています。

5〜7万円台の電子ピアノは、

  • 上位モデルと同じ「鍵盤」「音源」が使われている
  • 機能が充実している

など、コスパが高いのが特徴!

これからピアノを始めたい。

という初心者の方に人気の価格帯ですよ。

それでは

  1. 5〜7万円台の電子ピアノの選び方
  2. おすすめの5〜7万円台の電子ピアノ

をお伝えします。

5〜7万円台の電子ピアノの選び方

5〜7万円台の電子ピアノを選ぶときのポイントは次の3つ。

  1. スタンド一体型or卓上タイプ
  2. 鍵盤タッチ&音の良さ
  3. サイズ

それでは、1つずつ見ていきましょう。

スタンド一体型or卓上タイプ

5万円〜7万円台の電子ピアノには

  • スタンド一体型
  • 卓上タイプ

の2種類があります。

スタンド一体型

スタンド、ペダルがついた一体型。
鍵盤カバー(蓋)がついている。

卓上タイプ

スタンド、ペダルがついておらず持ち運びが可能。
鍵盤カバー(蓋)なし。
別売りで専用スタンド、ペダルあり。

スタンド一体型のデメリット

卓上タイプの場合、

  • 棚やテーブルに置いて弾く
  • 使わないときは閉まっておく

ということができますが、スタンド一体型は設置スペースが必要です。

ピアノの先生
ピアノの先生
演奏するときには、椅子をピアノから離さないと弾きにくいので、少し余裕を持って設置スペースを確保してくださいね。

卓上タイプのデメリット

卓上タイプのデメリットは次の2つです。

  1. 高さを合わせにくい
  2. 別売りオプションを購入する必要がある

1つずつ、詳しく見ていきましょう。

高さを合わせにくい

ピアノを弾くときは、姿勢が大事!

正しい姿勢だと、弾きやすく疲れにくいんです。

正しい姿勢の目安の1つとして

ひじと鍵盤が同じくらいの高さ

ひじから先(前腕)が床と平行

というのがあります。

卓上タイプの電子ピアノの場合、置く場所によっては無理な姿勢になってしまうので注意してくださいね。

ピアノの先生
ピアノの先生
卓上タイプの電子ピアノの高さは10cm〜16cmぐらいです。

購入する前に、置き場所を考えておきましょう。

別売りオプションを購入する必要がある

卓上タイプの電子ピアノには、ペダルがついているモデルもあります。

でも、付属のペダルは1本の場合が多いんです。

ピアノが上達して

  • 3本ペダル
  • ハーフペダル対応ダンパー

が必要になってきたときには、別売りのオプション品を購入することになります。

また、卓上タイプの電子ピアノには、鍵盤カバー(蓋)がありません。

そのまま置いておくと、鍵盤の間にホコリが入り、故障の原因にもなりかねないので、カバーを購入するのがおすすめです。

ピアノの先生
ピアノの先生
布などをかけておいても大丈夫ですが、すっぽりおおってくれる専用カバーがあると安心ですよ。

【88鍵盤電子ピアノ】鍵盤カバー

鍵盤タッチ&音の良さ

グランドピアノの鍵盤は、少し重みがあるのが特徴。

一方、電子ピアノの鍵盤は、「メーカー」や「モデル」によって、タッチ感が変わってきます。

少しでも、グランドピアノに近い電子ピアノがいいな。

という方は、「鍵盤タッチ」「音」もしっかりチェックしましょう!

「メーカー」や「モデル」によって、

  • 連打性
  • 強弱のつけやすさ
  • 鍵盤の重さ

が変わってきますよ。

サイズ

電子ピアノは、88鍵盤なら横幅はあまり変わりません。

でも、奥行はけっこう変わってきます!

購入する前に、サイズに問題がないか確認しましょう。

ピアノの先生
ピアノの先生
サイズの他、デザインにこだわったモデルも多く、部屋の雰囲気に合わせて選ぶのも楽しいですよね!

おすすめの5〜7万円台の電子ピアノ

それでは、おすすめの5〜7万円台の電子ピアノを

  • スタンド一体型
  • 卓上タイプ

にわけて紹介していきます!

スタンド一体型

スタンド一体型でおすすめのモデルは次の2つ。

  1. CASIO(カシオ)PX-770
  2. KORG(コルグ)LP–380U

1つずつ詳しく紹介していきますね。

CASIO(カシオ)PX-770

「PX770」は、6万円台から販売されていますが、カシオの10万円台の電子ピアノと

  • 鍵盤
  • 音源

が同じというコスパの高いモデル!

PX-770の鍵盤には、次のような特徴があります。

  • 発音のタイミングがグランドピアノに近い
  • 連打性にすぐれている
連打性にすぐれているってどういうこと?

連打性とは、

  • トリル
  • 連打

など速く弾くときに、どれだけ電子ピアノが反応できるかということです。

電子ピアノの連打性を左右するのが、鍵盤についているセンサー

ピアノの先生
ピアノの先生
センサーの数が少ないと、速い指の動きに反応できなくて鳴らない音が出てきちゃうんです。

PX-770 の鍵盤には3つのセンサーがついていて、順番に打鍵を感知するシステムになっているので、連打性にとてもすぐれているんですよ。

サイズ(譜面立て含まない) 幅1,391×奥行299×高さ798(mm)
付属品 譜面立て、楽譜集、ACアダプター

KORG(コルグ)LP-380U

コルグ「LP–380U」は、コンパクトでスタイリッシュなデザインが魅力。

蓋を閉めたときに、フラットになるデザインが、素敵ですよね。

このコンパクトさで、22W×2出力アンプを搭載。

迫力のある音を楽しめますよ!

USB端子があるため、「LP–380U」とパソコンなどを、USBケーブルで接続することが可能!

  • 「LP–380U」での演奏をパソコンやスマホに録音
  • スマホ内の曲を「LP–380U」で再生
  • 「LP–380U」をMIDIキーボードとして使う

など、いろいろな楽しみ方ができますよ!

サイズ(蓋を閉めた状態) 幅1,355×奥行351×高さ772(mm)
付属品 ヘッドホン、ACアダプター

卓上タイプ

卓上タイプでおすすめのモデルは次の2つ!

  1. CASIO(カシオ)PX-S1000
  2. Roland(ローランド)FP–10

1つずつ詳しく紹介していきますね。

CASIO(カシオ)PX-S1100

奥行は、わずか232mmという、とてもスリムなPX–S1100。

Bluetoothオーディオ機能がついているため、スマホ内の曲をPX-S1100のスピーカーで再生したり、曲を流しながら演奏することも可能!

そのほか、

  • USBへのオーディオ録音
  • 無料アプリ

など、多機能で、いろいろな楽しみ方ができるのが魅力!

また、

  • 電池駆動が可能
  • 専用ケースあり(別売り)

のため、持ち運んで使いたい方にもおすすめです。

サイズ…幅1,322×奥行232×高さ102(mm)

付属品…譜面立て、楽譜集、ワイヤレスMIDI &AUDIOアダプター、ACアダプター、ペダル

Roland(ローランド)FP–10

ローランドには、卓上タイプのモデルが4つあります。

その中で、一番、低価格なのが、FP–10。

ローランドの無料アプリ「Piano  Partner2」を使えば、スマホで「FP–10」の操作ができます。

また、

  • 内蔵曲の譜面表示
  • 音当てゲーム

など、楽しく便利に練習ができますよ。

まとめ

5〜7万円台の電子ピアノを選ぶときのポイントは次の3つ。

  1. スタンド一体型or卓上タイプ
  2. 鍵盤タッチ&音の良さ
  3. サイズ

スタンド一体型のおすすめは

卓上タイプのおすすめは、