電子キーボードの選び方

カシオ「CTK-2550」のレビュー【現役ヤマハ講師が購入して弾いてみました】

カシオ「CTK-2550」の口コミ【現役ヤマハ講師が購入して弾いてみました】

カシオの「CTK-2550」は、

  • 安い
  • 軽量&コンパクト
  • 大手メーカーのカシオなので安心

ということで「これからピアノを始めたい」という方に人気のキーボードです。

ピアノを始めたいけど、いつまで続くかわからないし、買うならCTK-2550が安くていいかなぁ…でも、評判はどうなんだろう…?
楽器のことは全然わからないし、使った人の感想が気になる…

という方もいらっしゃいますよね。

そこで、

現役ヤマハ講師が実際に「CTK-2550」購入して、弾いてみた感想をレビューしていきたいと思います。

ピアノの先生
ピアノの先生
「CTK-2550」の内蔵曲を弾いてみた動画もありますよ♪

この記事の内容は、

  • ピアノ講師による「CTK-2550」のレビュー
  • 「CTK-2550」の機能をご紹介
  • 「CTK-2550」の内蔵曲をピアノ講師が弾いてみました

です。

ピアノ講師による「CTK-2550」のレビュー

ピアノ講師による「CTK-2550」のレビュー
通販のレビューを見ると、「CTK-2550」はレビュー件数が多くて、評価も高いんです。

それだけ、たくさんの人が購入して満足しているということですね。

ピアノの先生
ピアノの先生
今回は、私が実際に「CTK-2550」を弾いてみた感想をレビューしていきたいと思います。

まず、

ピアノの音色なんですが、明るくてすっきりとした音色です。

あとに出てくる「CTK-2550」演奏動画を聴いてもらえたらわかると思いますが、1万円台とは思えないほど、リアルで美しい音です。

「CTK-2550」には、400個もの音色が入っています。

ピアノの練習に使う場合は、グランドピアノの音色だけでも十分だと思いますが、曲に合わせて、いろいろな音色を使うのも気分が変わって楽しいですよ♪

操作もカンタン!

CTK-2550

上の写真の、ソングバンク🎵ボタンを押し、数字ボタン音色の番号を押すだけです。

液晶画面には、今使っている音色が、表示されます。

10万円ぐらいの電子ピアノでも、液晶画面がなくて、「今使ってる音色が、なんの音色なのかわからない!」という機種もあるんです。

「CTK-2550」は、操作がカンタンだし、液晶画面で確認できるので、「機械が苦手!」という方でも大丈夫です♪

「鍵盤の弾きやすさ」なんですが、「CTK-2550」の鍵盤は、ピアノ形状鍵盤といって、箱のような立体的な鍵盤なので、安価なキーボードによくある薄型の鍵盤に比べると弾きやすいです。

ただ、グランドピアノの鍵盤に比べると、かなり軽いです。

ピアノの先生
ピアノの先生
私はふだん、グランドピアノで練習しているので、弾きづらく感じました。

鍵盤数も「CTK-2550」は61鍵で、グランドピアノの88鍵に比べると少ないので、「グランドピアノの代わり」としては、物足りないと思います。

「CTK-2550」をおすすめできるのは、次のような方です。

  • これからピアノを始めたい大人の方
  • 保育士の方で歌の伴奏の練習をしたい方
  • 自動伴奏やダンスミュージックモードを使って音楽を気軽に楽しみたい方

通販のレビューでも、「ピアノ初心者の方」や「保育士の方や幼稚園の先生」が多かったです。

「CTK-2550」には、「これからピアノを始めたい」という方に嬉しいレッスン機能もついています。

「CTK-2550」と専用アプリをつなげば、レッスン機能は、さらにわかりやすくパワーアップ♪

ピアノの先生
ピアノの先生
楽しいゲームのようなレッスン機能はピアノ初心者の方におすすめですよ。

また、とても軽く、女の私でもかるがると持ち上げることができました♪

CTK-2550のレビューまとめ
  • ピアノの音色がリアルで美しい
  • 操作がカンタン
  • 立体的な鍵盤で弾きやすい
  • グランドピアノに比べると鍵盤が軽い
  • ピアノ初心者に嬉しいレッスン機能がついている(専用アプリにつなぐと、よりわかりやすく楽しくなります)
  • 軽量コンパクト(幅946×奥行307×高さ92mm、質量 3.3kg)

「CTK-2550」の機能をご紹介

「CTK-2550」の機能をご紹介
カシオの「CTK-2550」には、次のような機能があります。

  1. ピアノ形状鍵盤
  2. レッスン機能
  3. 自動伴奏機能
  4. ダンスミュージックモード
  5. ペダル端子
  6. APP機能

それぞれの機能についてもう少し詳しくお伝えしますね。

①ピアノ形状鍵盤

「CTK-2550」の鍵盤は、安価なキーボードによくある薄型の鍵盤ではなく、箱のように立体的な鍵盤です。

薄型の鍵盤
薄型の鍵盤
CTK-2550のピアノ形状鍵盤

CTK-2550のピアノ形状鍵盤
本物のピアノも、箱のように立体的な鍵盤なんです。

ピアノの先生
ピアノの先生
ピアノ形状鍵盤は、薄型の鍵盤に比べて、弾きやすいのでおすすめですよ♪

②レッスン機能

「CTK-2550」には、ピアノ初心者に嬉しいレッスン機能がついています。

液晶画面に音符と指番号が表示されるので、それを見て弾きます。

止まってしまったら、音声指番号を教えてくれます。

また次に弾くべき音が小さく鳴ります。

右手だけ、左手だけ再生することもできるので、かたてずつの練習もできます。

間違えて弾いてしまっても大丈夫!

正しく弾けるまで、曲の再生が一時停止してくれるので、あせらず練習できますよ♪

③自動伴奏機能

④ダンスミュージックモード

指1本で、ドラム、ベース、シンセサイザーのメロディを鳴らすことができます。

エフェクトをかけたり、音程を変えたり、DJのようにダンスミュージックを楽しめるんです♪

実際にやってみた動画です。

ピアノの先生
ピアノの先生
私は、今日初めて使ったので、説明書を見ながらやってるんですが、他にもいろいろエフェクトがあるので、使いこなせば、もっとかっこいい感じになると思います(^^)

⑤ペダル端子

ペダル端子があるので、別売りのペダルを購入すれば、ペダルをつけることができます。

内蔵曲の中には、シューマンの「トロイメライ」や、ショパンの「ノクターン 作品9の2」など、ペダルが必要な曲もあるので、上達すれば、別売りのペダルを購入するといいですよ♪

⑥APP機能

「CTK-2550」をスマホやタブレットと接続して、専用アプリを使うことができるんです。

専用アプリを使うと、レッスン機能がパワーアップして、とても使いやすくなります。

本体の液晶画面は、小さくてちょっと見にくいんですが、アプリを使うと、ゲームのように、わかりやすく楽しいレッスンに♪

詳しく知りたい方は、CASIOの紹介ページでチェックしてみてください。

「CTK-2550」の内蔵曲を現役ヤマハ講師が弾いてみました

「CTK-2550」の内蔵曲を現役ヤマハ講師が弾いてみました
「CTK-2550」の内蔵曲から、ブルグミュラーの「貴婦人の乗馬」を弾いてみました。

ピアノレッスンに通う子供にはおなじみの曲です♪

「CTK-2550」には、タッチレスポンスという強弱をつけられる機能はないので、強弱はついていませんが…
時間のある方は聞いてみてくださいね♪

まとめ

カシオの「CTK-2550」は、次のような方におすすめです。

  • これからピアノを始めたい大人の方
  • 保育士の方で歌の伴奏の練習をしたい方
  • 自動伴奏やダンスミュージックモードを使って音楽を気軽に楽しみたい方

とても軽く、コンパクトで置き場所に困りません。

ピアノの音色が美しいので、練習していて気持ちいいですよ♪

市場価格が12.823円(2019.6.19現在のアマゾンでの価格)と高コスパなキーボードです。

 人気記事    【大人のピアノ教室の選び方】ピアノ講師が教える7つのチェックポイント