独学での練習方法 PR

シンプリーピアノの体験レビュー | ヤマハ講師がメリットとデメリットを解説

シンプリーピアノの体験レビュー| メリットとデメリットを比較
商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。
ピアノの先生
ピアノの先生
こんにちは。
私はヤマハ音楽教室でピアノ講師をしています。

シンプリーピアノは、

  • 楽しく進められるピアノレッスン
  • J−POP、K−POPの楽譜が豊富

などが、特徴のピアノ練習アプリです。

今回は、

シンプリーピアノでピアノを始めてみようかな。

と考えている方のために、私が実際にシンプリーピアノを使ってみた感想を次の順番でレビューしていきます。

  1. シンプリーピアノのメリット
  2. シンプリーピアノのデメリット
  3. シンプリーピアノの料金

シンプリーピアノ(Simply Piano)のメリット

私がシンプリーピアノを使ってみて、「よかった!」と感じたのは次の4つ。

  1. 音声認識機能がある
  2. ピアノのレッスンコースがある
  3. コードを学べる
  4. スマホの画面上で練習できる
  5. J−POP、K−POPの楽譜が豊富
  6. 低価格

1つずつ、くわしく見ていきましょう。

音声認識機能がある

独学でピアノを学ぶ場合、聞いてくれる先生がいません。

そのため、自分が弾いている音が

合ってるのかな?

と不安になることも多いですよね。

シンプリーピアノなら、そんな心配はいりません。

なぜなら、

あなたが弾いた音を認識し,間違えていれば正しい音を教えてくれる

という機能があるから。

シンプリーピアノ

上の画像では、「レ」の音を間違えて弾いたため、音楽が止まり、正しい鍵盤位置を教えてくれています。

楽譜は自動で進みますが、

  • テンポをゆっくり
  • 正しい音を弾くまで待ってくれる

など、自分に合ったモードで練習することができますよ!

ピアノのレッスンコースがある

ピアノを始めたいけど、何からやればいいのかわからない…。

という方も多いですよね。

シンプリーピアノには、基礎から学べる「ピアノのレッスンコース」があるため、未経験の方でも効率よく上達することができますよ。

シンプリーピアノのピアノレッスンは、

  1. アニメーションを使ったわかりやすいレッスン動画
  2. 伴奏に合わせて練習できる
  3. スマホ上の鍵盤でも練習ができる

など、初心者の方が楽しく取り組めるのが特徴!

参考に次の動画を見てください。

 

  • お手本の音につづいて、弾く
  • 楽しい伴奏に合わせて弾く
  • 間違えたら楽譜が止まり、正しい音を教えてくれる

などの特徴があり、未経験の方でもわかりやすいですよね。

シンプリーピアノを無料でためす

コードを学べる

  • コードを覚えてピアノが弾けるようになりたい
  • 弾き語りをしたい

という方にも、シンプリーピアノはおすすめ!

なぜなら、シンプリーピアノにはコードに特化したレッスンコースがあるから。

  • ポップス
  • ジャズ
  • ブルース

など、いろいろなジャンルのコードや、伴奏形を学ぶことができますよ。

ちなみに、シンプリーピアノの「コードコース」は、伴奏を弾くためのカリキュラムになっています。

そのため、

弾き語りをしたい!

という方におすすめ!

  • 右手→メロディ
  • 左手→コード

というようにソロ曲を弾きたい方には、「flowkey」というピアノ練習アプリがおすすめです。

なぜなら、flowkeyの「コードコース」は、

  • ソロ(左手でコードを弾き、右手でメロディを弾く)
  • 伴奏(弾き語り)

のどちらにも対応しているから。

flowkeyについて、くわしくはflowkey(フローキー)をヤマハ講師が実際に使った感想をレビューをどうぞ。

スマホの画面上で練習できる

シンプリーピアノには、ピアノを使った練習だけでなく

  • スマホ
  • タブレット

画面上で練習ができるコースがあります。

  • 通勤電車の中
  • 外出中のすきま時間

にゲーム感覚でピアノの練習ができますよ!

J−POP、K−POPの楽譜が豊富

ピアノ練習アプリは、海外発のものが多いんです。

そのため、クラシック以外は「洋楽がメイン」ということがほとんど。

でもシンプリーピアノには、

  • J−POP
  • K−POP

の楽譜がたくさんあります。

  • Official髭男dism
  • back number
  • 米津玄師
  • BTS
  • BLACKPINK

など、最近の曲のほか、

  • GReeeeN「キセキ」
  • コブクロ「蕾」
  • スピッツ 「チェリー」「ロビンソン」

など、少しなつかしい曲も豊富なのが嬉しいですよね!

低価格

シンプリーピアノは、低価格なのも嬉しい特徴!

3ヶ月プランの場合は、3,900円(1,300円/月)になります。

さらに1年プランの場合は、7,800円で、1ヶ月あたりにすると650円!

ピアノの先生
ピアノの先生
スマホ上で練習できるため、はじめはピアノも不要!
気軽に始められますよね。

シンプリーピアノ(Simply Piano)のデメリット

私がシンプリーピアノを使ってみて、デメリットと感じたのは

楽典や理論の説明があまりない

ということです。

くわしく見ていきましょう。

楽典や理論の説明があまりない

シンプリーピアノのレッスンコースでは、「楽典」や「理論」の説明があまりありません。

たとえば、音階が出てくるレッスンでも、

どのように弾くか

が示されるだけで、音階の仕組みについて解説はありませんでした。

楽しく進めていけるのは、シンプリーピアノのメリットですが、

本格的にピアノを学びたい!

と思ったときには、ピアノ教本などを併用するのがおすすめです。

ピアノ教本の順番については、ピアノ教本の順番と難易度表 | 初級〜上級をヤマハ講師が解説をどうぞ。

シンプリーピアノ(Simply Piano)の料金

最後に、シンプリーピアノの料金を見ていきましょう。

料金は、次のとおり。

12ヶ月 ¥7,800(¥650/月)
3ヶ月 ¥3,900(¥1,300/月)

12ヶ月プランは、1週間の無料トライアルが可能ですよ!

シンプリーピアノの無料トライアルは、こちら。